車検の時期がきたから

Leave a comment

バブルのころ、「車検を1度も取った事がない!」と、自慢するほど車検を取らずに新しい車に乗り換えて下取りに出して車を処分してもらうというのがある主一般的でした。

 

では、下取りとは一体どういうものなのでしょうか。

一般的に下取りとは、新しい商品を購入することを条件に、それまで使用していた古い商品を買い取る契約のことです。

普通の中古品買い取りとは違い、下取りの場合は商品が壊れていたとしても買い取りの対象になるのです。

よく、テレビショッピングなどで言ってる下取りとはこういう意味だったのですね。

 

では、なぜそのタイミングで車を売るって嫌がられないのでしょうか?

業者のひとからの意見を聞くと、やはり車検が残っているに越したことは無いということでした。しかし、車検期限1年の期間が過ぎ、どんどん期限がせまくなってくるとおのずと売れにくくなります。逆に、車検を新しく入れた方が良いと考えるお客さんの比率が高くなっていくからです。

車検が無いのと車検が残っているのとでは、車検が残っている車の方が高く、下取り、かいとりをしてもらえるでしょうね。

では、売り時は何時なのでしょう。

車検が残り1年如何になればなるほどそのものの魅力は減って来ます。

なので、車検を1年以上残してからうるのが売り手にとってはベストでしょう。

 

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です